今や、誰もが一台所持しているスマートフォンですが、実店舗型カジノでは、プレーヤーにとって有利なゲーム結果になるよう利用される可能性があるため、基本的には禁止されています。カジノ施設は、予期しない損失を被らないように様々な予防策を講じており、セキュリティスタッフ、管理者、監視カメラがいたるところにいます。スマートフォン1台くらいどうせ見つからないだろう、と決して油断しないでください。特によく勝っている人は、常に監視されることになりますからね。

ほとんどのカジノ管理委員会は、スマートフォン使用に関する統一された規則を特に定めていないため、制限はそれぞれのカジノ施設の裁量に委ねられることがよくあります。ただ、どのカジノ施設も、「プレーヤーにとって有利なゲーム結果になるのを防ぐ」というのが目的なので、たいていの場合、スマートフォン使用に対する制限は同じような内容です。

たしかに、実店舗型カジノでは、スマートフォンの使用は禁止されていますが、オンラインカジノのプレーヤーが自分のスマートフォンを使ってプレーすることは、当然ながら許されています。オンラインカジノであれば、人気のサイトを検索し、新規登録して、お金さえチャージすれば、お気に入りのカジノゲームをプレーし始めることができます。また、オンラインカジノであれば、プレー中に仲間と会話したり、自分の家、車、または会社の休憩時間中にやりたいことを何でもしたりすることができます。ただし、実店舗型カジノで行われているような違反行為が、オンラインカジノでも起こりうるかどうかというのは、まだ議論の余地がありますが、今日はこの点については置いておきましょう。

カジノ施設によってルールの違いはあるか?

大半のカジノ施設では、ゲストがスマートフォンを持ち込むことについてどう対処しているのでしょうか。これに対する答えとしては、さまざまな理由により、カジノ施設ごとに異なります。一部のカジノ施設では、ネットワークをブロックしたり、電話やテキストの送受信を難しくしたりします。屋内Wi-Fi接続もなければ、モバイルネットワークにもアクセスできない限り、スマートフォンで違法行為をすることはできませんからね。一方で、スマートフォンの使用を完全に禁止しているカジノ施設もあります。そのような場合には、カジノに入店すると同時に、スマートフォンの電源を切るように求められるかもしれませんし、スマートフォンの所持が発覚しただけで店から追い出されるかもしれません。

他方で、スマートフォンの使用を完全に禁止することなく、柔軟に対応するカジノ施設もあります。こうしたカジノ施設では、ギャンブルゲームや他のプレーヤーの写真を撮ったり、カードカウンティングプログラムやその他のギャンブル補助道具を利用したりすることは禁止されていますが、この他の行為に関しては大目に見られることもあるでしょう。

また、スロットマシンなど、完全に運に頼るゲームもたまにあるので、一部のカジノ施設では、プレー中でもスマートフォンの使用を許可しています。一方、テーブルゲームは、やや複雑です。ほとんどのカジノ施設では、テーブルゲームのプレー中にスマートフォンを使用することを許可していませんが、許可しているカジノ施設もいくつかあるようです。一部のカジノ施設では最近、プレーヤーがテーブルにいる間に電話をかけたりメッセージをしたりすることを許可するようになり始めました。 ただし、カードをシャッフルする間は依然として使用禁止で、スマートフォンを使用すると最悪の場合、退場させられる可能性もあります。

カジノ施設側と対戦する場合、ポーカープレーヤーには行動の自由がありますが、他のプレーヤーとギャンブルをする場合は、電話やテキストメッセージが禁止されている場合があります。より詳しいスマートフォン使用のルールについては、各店舗に問い合わせることが一番確実です。残念ながら、カジノ施設は多くの場合、すべてのルールを目立つように宣伝しているわけではありませんので、実際にカジノ施設に訪れる前には、必ずルールを調べるようにしましょう。